読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yellow Yellow はっぴー★

日々の生活にアイドルという癒しを

あなたの笑顔で育ちました。

雑記 SMAP

昔話を少ししてみよう とても素敵な恋物語*1

 
ではない。ただのジャニヲタの昔話だ。昔話をいろいろ思い出したので書いてみようと。近頃巷で話題のSMAPさんのお話。Twitterで毎日いろんなひとの考えなどが流れてくる中、その件についてはまるで触れることはなかったのだけど。最近すごくすごく思うことが多すぎて。書くことで自分の気持ちも少し前へ進めれば。
 
私がSMAPを好きだったのは、1992年12月〜1999年の3月まで。そんなに長い時間ではなかったのだと今は思うけれど、私がSMAPを好きだったのがちょうど青春時代。小学校6年生から高校を卒業する18歳までの期間。私の青春はSMAPだった。仲のいい友達が「この番組面白いから見て!」と薦めてくれた番組が「夢がMORIMOI」という番組だった。その友人はつよしくんのファンだった。当時小学生だった私には深すぎる時間、23:30から始まる番組だったのだけど、友達がすごくおすすめしているし、興味もあって両親にお願いしてる夜更かしして見たのが1992年の12月。そこで見た、「緑松」さんの笑顔に一目惚れした。それが香取慎吾くんだった。大きい口を横に広げてニッって笑うあの顔を見てから、ガタガタとSMAPにハマった。前出の友人宅に行ってはSMAPが出ている雑誌を見て楽しんでいた。その衝撃から数日。クリスマスにサンタさんからもらったCDウォークマン音松くんのCD。嬉しくて朝っぱらから聞いた。*2
 
そして、CDを聞ける環境になり、お小遣いを貰い初めて買ったCDは「雪が降ってきた」で、お正月になりお年玉を貰って「SMAP003」を買った。今考えると怒涛の勢いでハマっているあたり、今に通じるものがあるような…。小学校を卒業する頃にリリースされたのは「ずっと忘れない」という卒業ソング。当時つよしくんが高校卒業というタイミングだったのを思い出す。
 
中学生になってもSMAPは大好きだった。つよしくんファンの友人と共に同じ部活に入り、それなりに楽しい学生生活。でも、その友人から突然無視され、軽くいじめられていた時に助けてくれたのはSMAPの「君は君だよ」という歌。この歌詞に励まされたのはもちろん、仲のいい友達に無視されていることを知らないクラスメイトが「SMAPのCD貸して」と話しかけてくれたきっかけにもなった曲。その後、なんやかんやあってその友人とも仲直りはできたのだけど。
 
今でもこの曲は私の中で大切な曲で、定期的に聞く曲となっている。
 
ここで今の話に戻るけど、先日「サワコの朝」に出ていた慎吾ちゃん*3がデビューして数年1位を取れなかったという話をしてた。1位にならなかった曲の中にだってこんなに名曲がたくさんあるのに。そして1位を初めて取れた曲が12枚目のシングル「Hey Heyおおきに毎度あり」だったのが当時も今も首をかしげることなんだけれど。

Hey Hey おおきに毎度あり - Wikipedia

カップリングの「泣きたい気持ち」は大好きです。そうか、シュートの主題歌だったか。
 
そういえば「中居正広オールナイトニッポン」も夜な夜な聞いてたな。今考えれば月曜の深夜という時間帯。翌朝鼻血が出ても楽しみに聞いていた中学時代。*4120分のカセットテープで毎週録音してた。60分したらカセットを裏面にしないといけなかったから何としても2時までは起きてないといけない。眠気に負けそうになりながら2時頃カセットを取り出して逆の面にして入れ替えて寝た日もあった。あのカセットテープたちはゆずを好きになった時にゆずのオールナイトニッポンで上書きしてしまったけれど。もう今一本も残っていない。
 
アイドルオンステージ*5も毎週楽しみに見ていたし、そこでTOKIOKinKi Kids、当時のジャニーズJr.、V6を知っていくことになって。当時もかなりの事務所担でした。TOKIOで好きなのは松兄だったし、KinKi Kidsは光一くん派、怪談トリオは川野くんが好きで、V6は岡田くんが好きだった。雑誌もお小遣いで買っていたのでJr.ページまでくまなく見ていた。
 
そんな当時、最も衝撃だったのは森くんの脱退。ずっと6人が当たり前で、これからもずっとそうだと思っていたのに。当時私は高校1年生。SMAP×SMAPがはじまったばかりの時期。この時、この先6人のSMAPが見れないという事実に直面し、なぜ今までコンサートに行かなかったのかと後悔したけど後の祭り。高校生だったけど、四国に住んでいた私はコンサートは夢のまた夢。行けないことが当たり前と思っていたけど、私より後にSMAPを好きになった中学時代の部活の友人は私より先にファンクラブに入り、コンサートにだって行っていた。内気すぎる私は親にコンサート行きたいだなんて言ったことはなかったし、行けないと思っていた。でも、この件があって、どうしても行きたい。その思いを抱えつつ、ファンクラブに入りたい、コンサートに行きたいと親に言ったのは高校2年の頃。初めてコンサートに行ったのは高校3年の時だった。今でも覚えているのは、松山からフェリーに乗って広島へ行ったこと。肝心のコンサートの内容はまるで覚えていないのが残念だけど。それくらい昔のことだということ。当時のSMAPまだ広島グリーンアリーナでコンサートをしていた。席はスタンドだった覚えはある。
 
数年前、この時の話を母としたのだが、当時一緒に入ったのは母の友人とその友人の娘、私とあと1人私の友人がいたはずなんだけど、記憶喪失なのかと思うくらいこの友人の記憶が一切ない。母は私たち一向に付き添って広島まで付いてきて、コンサートの間は広島で時間を潰してくれていた。私と一緒に入った友人は母の記憶では私の部活の友達で、◯◯のあたりに送って行ったと話していたので、あの子かなって思う子はいるんだけど、その子がSMAP好きだったなんて記憶が微塵もない。…てここまで書いてて思い出したけど、あれそれってもしかして部活の友達じゃなくてクラスメイトのあの子かもしれん。。。が、見事に記憶がない。こんなことってある?

今考えると初めてのコンサートで4連でチケット取ったのか私。
 
ただ、このコンサートに入った当時、お笑いが大好きになっていた私は、SMAPへの気持ちが薄れ始めていた時期でもあった。*6今思えば卒業旅行だ。ある意味。
 
その直後、スペースシャワーTVが好きだった私はゆずの「夏色」のPVに一目惚れしてゆずっこ一直線。高3の時のお年玉はゆずのCDやらなんやらを買うのに費やした。

…ってここまで書いていてすごい記憶違いに気付いてしまったのだけれど。私がSMAPのコンサート行ったのって…97年じゃないか?高校2年の時じゃないか疑惑。そんな気がしてきた。ミステイク。「ス」だった気がするわ。とミステイクに気付いたのは「夜空ノムコウ」が99年1月だと思ってたのに今見たら98年1月だということ。このシングルが出た時に、一通り何か満足してしまったのだ。この次に出た「たいせつ」まではシングルを買っていた気がするし、高校3年の時のクラスメイトの友人に「AMIGOS」コンサートのみやげ話を聞いた記憶がある。しかもそのアルバムは買ってない。。。つまりそのライブに私は行ってない。わーーーーーーーーとんだ記憶違い。そのくらい昔の話やということ。そうか、高校2年生でSMAPファンやめてたんや。衝撃。書いてて衝撃(笑)
冒頭の99年3月までを一旦撤回。98年の何月までだ。。。

高校3年の当時は確かにお笑いの話しかしてなかったし、途中からゆずにハマってしまった。

わーーーーーーーーーーーーーー!

時系列って怖い(笑)

そんなこんなでSMAPから離れたと同時に、その他のジャニーズも見ることがなくなりという生活からまたジャニーズにハマったのが2007年あたりから。ここでKAT-TUNと嵐にハマった為、SMAPを中心にみることはなかったのだけど。

高校卒業してSMAPから卒業したけど、大学時代のバイト先の友達が名曲だって言ってカラオケで「オレンジ」を歌った時はアルバム借りにいったり。「世界に一つだけの花」が出た頃は大学を卒業して社会人になった頃。有線が流れる場所で働き始めたのでよく流れてたのは覚えていたり。

普通にジャニヲタ卒業してもSMAPはなんとなく生活に流れ込んできていたイメージ。

SMAPが再び気になり始めたのは2011年頃。SMAPがデビュー20周年だった時。当時はまたファンクラブに入ろうか迷ったりもしたけど2016年現在も入っていません。が、そろそろタイミング的にいいかもしれない。と思い始めています。

今なんかすごくザワザワしているけど。いろんな憶測が飛び交いまくっているけれど。本当のSMAPの言葉は?今何を思ってる?

今まであまり気にしてこなかったけれど、私はSMAPを見て、香取慎吾さんの笑顔を見て育ったのだなと改めて思い、この記事のタイトルが思い浮かびました。大切な思い出であり、大切なスタートであるSMAP。どうなっていくかはこれからだけど、今からここから再びあなた達を見てもいいですか。98年で止まっている時を再び動かし始めていいですか。

これからも大好きです。

って書きながらビックリしているけど、やっぱり見ていたいという気持ちは嘘じゃないようです。

とりあえず過去のCDやDVD集めてみようかな。

そんなことを思う慎吾ちゃんの39歳のバースデー前日。今日も元気にジャニヲタやってます。あなたがいたからこんな私になりました。これからも大好きです。


なんか突然重い話だな。おい。











 
 
 
 
 
 
 

*1:大好きなNEWSのWhite Love Story

*2:ちなみにこの年までサンタを信じていた私は翌年からサンタさんにプレゼントを貰えなくなった。最後のクリスマスプレゼントがコレだった(笑)この年貰ったプレゼントの包装紙がお父さんのネクタイの包装紙と同じだったあたりで何かを感じた12歳

*3:ファンだった当時ずっと慎吾ちゃん慎吾ちゃんと呼んでいた為、今もこれが一番しっくりくる

*4:今はもうないけど睡眠不足の翌朝は必ず鼻血を出していた

*5:1993年10月〜1997年3月

*6:ボキャブラ全盛期